機能ガラスで窓の性能を高めましょう!

機能ガラスで窓の性能を高めましょう!

機能ガラスで快適性、省エネ性能アップ!

熱エネルギーは窓から逃げ、窓から侵入する!

住宅の窓は熱が出たり入ったりしていて、私たちは知らないうちに余分な熱エネルギーを消費していることがあります。

  • 夏は窓などから外の熱のおよそ70%が侵入してきます。
    省エネルギーと快適さを両立するためには、窓から入る外の熱をシャットアウトする=「遮熱」が大切です!
  • 冬は窓などから室内のおよそ50%もの熱が逃げていきます。
    冬の省エネ対策に効果的なのは、室内の熱が窓から逃げないようにする=「断熱」です!

省エネ性能の高い複層ガラス

一般的な透明ガラスの2倍の断熱性能を持つ複層ガラスには、さらに高い機能をあわせ持つものがあります。

遮熱複層ガラス(Low-E)
一般的な複層ガラスと同じように見えますが、大きな違いは屋外側のガラスに特殊な金属膜があることです。この特殊金属膜の効果で夏の強い太陽熱を遮断し、また冬には、室内の暖かい空気を外に逃がしません。オールシーズン快適で省エネルギー効果の高いガラスです。
断熱・遮熱性能が高いので、冷暖房に必要なエネルギー量を減らすことができ、冷暖房時に排出されるCO2の削減につながります。
高断熱複層ガラス(Low-E)
一般的な複層ガラスとの違いは、室内側のガラスに特殊な金属膜があることです。この特殊金属膜の効果で、太陽の熱を効率よく取り入れ、かつ室内の熱を外に逃がしません。
断熱性能が非常に優れているので、寒さの厳しい地域に適しています。

冷暖房効果の低下や結露の発生など、住まいの快適さを損なうさまざまな問題は、熱の通り道である窓の断熱性能を高めることで解消していきます。様々な機能を持つ複層ガラスを取り入れてみてはいかがでしょうか!

1 / 2 / 3

住まいのプロ検索

出展者の声

おすすめサイト

このウェブサイトについて

ページの先頭へ