庭木の役割と選び方のポイント

庭木の役割と選び方のポイント

庭木の選び方

家族と共に成長していく庭木だからこそ、大切にかつ慎重に選んでいきたいですよね。
庭木を1本植える場合にも、環境のことはもちろん、ご近所のことや目的などをしっかり考える必要があります。
「我が家に庭木を植えたいけれど・・・何を選んだら良いのか分からない」そう思われる方はきっと多いはず。
そこで、庭木を選ぶ時の5つのポイントをご紹介しましょう。

POINT:1 成長後の大きさ

成長後の大きさを見越して、周囲に充分なスペースを確保しておきましょう。植えたての時は随分間が抜けているように感じることもあるかもしれませんが、高さや幅がどれくらいに成長するのか、しっかり把握しておく必要があります。

樹高は 低木 中木 高木
樹形は 横に広がる 三角、丸 細長い

POINT:2 環境に合った庭木選び

植物は、環境の合わない場所に植えてもしばらくは頑張って成長してくれますが、少しづつ弱っていってしまいます。
環境に合った場所を選んであげれば、健康で病害虫もつきにくく、ストレスなく育てることができます。
「日が当たらないから・・・」と諦めないでください。
庭木には日陰に強いものもありますので、プロの方に相談してみると良いでしょう。

日照は 良く当たる 少し当たる 当たらない
湿度は 乾燥 程良い じめじめ
風通しは 良い 普通 悪い

POINT:3 目的に合わせて

【木陰づくり】

【木陰づくり】

デッキやテラスを快適にする木陰。冬は落葉して陽が入る落葉樹がおすすめです。

【目隠し】

【目隠し】

常緑の庭木で枝葉が密生するタイプがおすすめです。

【シンボルツリー】

【シンボルツリー】

花や実、紅葉が楽しめるなど、見て楽しめるものもおすすめです。

【実を楽しむ】

【実を楽しむ】

食べられる果樹や、花の少ない季節の彩りとして。 果実の収穫は家族の楽しみになるでしょう。

POINT:4 葉色・花色の好み

葉色・花色が違うだけでも庭の印象が全く変わってきます。

白斑

白斑

爽やかな印象

銀色

銀色

涼やかな印象

濃いグリーン

濃いグリーン

重厚な印象

銅葉

銅葉

落ち着いた印象

ライムカラー

ライムカラー

フレッシュな印象

イエロー斑

イエロー斑

元気な明るい印象

赤

華やかな印象

紅葉

紅葉

黄色や赤、ピンク

POINT:5 庭との全体バランス

エクステリアとの組み合わせ 家の外壁やフェンス、門扉、敷石などとの組み合わせを考えましょう。
景色との組み合わせ 室内から眺めたとき、良い眺望や風景は邪魔せず、隠したい景色をカバーし、全体として景色を引き立てる植栽配置しましょう。
他の庭木への影響 庭木を植えると、周辺の庭木にも少なからず影響があります。枝葉が重ならないか、日照や通風は確保されるかなども考えましょう。
下草・低木との組み合わせ 土面がグリーンに覆われていると植栽スペースは美しくまとまります。成長後の大きさや環境をふまえてバランス良く配置しましょう。

たかが「木」、されど「木」。たくさんの種類の中から、場所や目的に合わせたものを選ぶのは至難の業です。
前述してきた内容の他にも、それぞれの庭木には、病害虫やトゲをもつものなど、注意しなければならないこともたくさんあります。
分からないことや不安なことは、迷わず「お庭のプロ」に相談してください。
プロからのアドバイスを聞くことも、素晴らしい家づくりへ繋がることでしょう。

情報提供:山梨県造園建設業協会

1 / 2 / 3

住まいのプロ検索

出展者の声

おすすめサイト

このウェブサイトについて

ページの先頭へ