庭木の役割と選び方のポイント

庭木の役割と選び方のポイント

庭木を植えてみよう

庭木には様々な種類があります。単に花が可愛いから、実がなるからと闇雲に木を植えると、後で大変なことになってしまいます。ですから、樹種選びにはじっくりと時間をかけましょう。「どこに」「どんな目的で」木を植えたいのかを明確にしておくことがとても大切です。ここでは、「木」を植えるメリットを考えてみましょう。

庭に広がりが生まれる

庭に広がりが生まれる

例えば、花壇を設けるのに玄関前の小さなスペースしか取れないといった場合、なんとなく季節の一年草を植えてはいないでしょうか。こういう花壇は、ちょっと離れて見てみるとノッペラボウで物足りない感じがします。 ここに一本、場所を取らないスリムな針葉樹を加えてみると、目線に「高さ」がプラスされ空間が生まれるのです。 地植えだけでなく鉢植えも効果は同じなので、ぜひお試しください。狭い庭こそ、木を一本入れて「高さ」という空間を生み出しましょう。

ローメンテナンスで季節を楽しめる

ローメンテナンスで季節を楽しめる

一口に庭木といっても大変な数があり、その中には、美しい花を咲かせる花木や、実りを楽しむことができる果樹、あるいは紅葉が美しい木など、魅力的なものがたくさんあります。
庭を季節の草花だけで彩ろうとすると、毎日の世話や植え替えに結構手間がかかるものです。その点、季節が巡ってくる度に花を咲かせたり、紅葉したりする木は、草花に比べてローメンテナンスと言えます。(もちろん、それなりのメンテは必要です。)
冬は常緑樹の緑を、春・夏は花木を、そして秋には実りと紅葉を、と樹種を選ぶことによって一年中庭を楽しむことができるでしょう。

家族と共に歴史を刻む

家族と共に歴史を刻む

昔は『女の子が産まれたら庭に桐の木を植えて、その子が大きくなって嫁ぐ際にその桐で箪笥を拵えて持たせる』といった風習がありました。しかし現代では、その成長の早さが結婚事情にそぐわなくなってしまいました。
しかし、同じように家族とともに時を刻む木、「シンボルツリー」を植える魅力は変わりません。寿命の長い「木」ならではですよね。
シンボルツリーとして何を植えるかは、特に決まりはありません。大好きな花が咲く木、思い出のある木、実りのある木、家族でじっくり話し合って決めるところからがスタートです。

我が家の温暖化防止に

我が家の温暖化防止に

家の庭に木を1本植えたからといって、地球温暖化がストップするわけではないかもしれませんが、「ちりも積もれば山となる」です。一世帯に1本としても、すごい数の木が植えられる計算になりますよね。例えば落葉広葉樹を庭に植えると、夏の日差しを和らげる木陰を生み出してくれます。同様に、日差しを照り返すコンクリートブロックの塀を、木に変えてみてはどうでしょう。ここでも輻射熱が弱められるので、周囲の植物にも好影響をもたらします。

繊細な葉を持つ木、ダイナミックな姿を見せる木。
もっと身近に木を感じるためにも、お庭に1本、木を植えてみてはいかがでしょうか。

庭木の役割とは

では次に、庭木の役割とは一体どのようなものなのでしょう。

日差しをコントロールする

日差しをコントロールする

庭木を適切に剪定することで自然の影を作り、風通しも良くし快適な緑陰空間を生み出すことができます。

プライバシーを守るための目隠し効果

プライバシーを守るための目隠し効果

生垣を作ることで自然の目隠しができます。外部から遮蔽することは 防犯効果にも繋がります。
また、防風効果もありますので、台風の多い日本では防風をすることも庭木の重要な役割です。

庭のデザインによる空間美

庭のデザインによる空間美

庭木の植え方や剪定によって庭にメリハリをつけて、アプローチや庭が広く見えるようにすることができます。

四季を感じる

四季を感じる

庭の手入れは必要になりますが、季節ごとに花の咲く木を植えたり、紅葉などによって、自分の庭で四季を感じることができます。

1 / 2 / 3

出展者の声

住まいのプロ検索

このウェブサイトについて

ページの先頭へ