エクステリアについて考えよう!

エクステリアについて考えよう!

エクステリアのスタイル

エクステリアスタイルには大きく分けて3つあります。

オープンスタイル

オープンスタイル

門で庭を囲まないスタイルです。
欧米に多く見られるスタイルで、敷地と道路の境界を植栽や門柱などの少ないパーツでソフトにカバーし、開放的で街並み全体への配慮もされます。 日当たりも良く、住む人・訪ねてくる人に、いつも明るくオープンな住まいの雰囲気を感じさせます。 限られた敷地を広々とみせることができ、庭を広く使えるのもメリットです。
反面、プライバシー確保が難しいというデメリットもあります。
近年では、住宅の洋風化に伴い多く見られるスタイルです。

クローズドスタイル

クローズドスタイル

門で庭全体を囲むスタイルです。
外部からの視線を遮断するため、閉鎖的な雰囲気になりやすいですが、プライバシーを保持することができます。
プライベートな時間を他人の目を気にせず自由に楽しめ、防犯・安全対策をしやすいエクステリアです。
目的に合ったプライベートガーデンを作りやすいことも一つの特徴です。

セミオープンスタイル

セミオープンスタイル

敷地を完全に閉鎖させないスタイルです。
駐車スペースを除いて、門柱や門扉・低いフェンスなどで適度に仕切るスタイルで、オープンスタイルとクローズドスタイルの特徴を合わせ持っています。
開放感を維持しつつ敷地の境界もしっかり意識させることができます。和風にも洋風にも対応できるスタイルのため、多くの人に好まれています。

例えば、郊外にお住まいの場合は、敷地も広く、近隣からの目線をあまり気にしないですむので開放的な「オープンスタイル」がおすすめ。

反対に、市街に住んでいる場合は、安全の確保やプライバシーを守るために「クローズドスタイル」を。 住宅地の場合は、両者をうまく取り入れ明るい雰囲気づくりを大切にする「セミオープンスタイル」が良いでしょう。

住まいのエクステリアを決める際には、建物のデザイン・様式に合ったものにするほか、また道路や隣家との位置関係、景観への配慮も大切です。

1 / 2 / 3

出展者の声

住まいのプロ検索

このウェブサイトについて

ページの先頭へ