住まいの汚れとお手入れ

住まいの汚れとお手入れ

おばあちゃんの知恵袋で汚れもスッキリ

近年では、さまざまなハイテク家電や便利グッズも登場し、掃除も楽にこなせるようになってきましたが、昔はもっともっと大仕事だったはずですよね。
昔の人の知恵には、健康やエコ、さらには節約に役立つものがたくさんあります。
現代にも通じる、古くて新しい暮らしの知恵を取り入れてみませんか。

お酢で水アカ汚れをおとす

お酢で水アカ汚れをおとす

水アカ汚れはアルカリ性の汚れなので、酸性であるお酢をかけることで汚れが分解されやすくなります。お酢を含ませた布などでこすると溶かせることがあります。
頑固な汚れには、酢を布に含ませてパックする方法もオススメです。

お米の研ぎ汁でフローリング拭き

お米の研ぎ汁でフローリング拭き

お米の研ぎ汁は、床用ワックス代わりに使えます。米ぬかに含まれる成分の効果がワックスのような保護剤の役割をしてくれます。
また、食器洗いのときにお米の研ぎ汁につけ置きし、研ぎ汁を含ませたスポンジでこすれば油汚れが簡単に落ちます。

窓ガラスは新聞紙で磨こう

窓ガラスは新聞紙で磨こう

新聞紙のインクがガラスのつやを出してくれる上に、汚れもつきにくくする効果があります。
新聞紙に水をつけて軽く絞り、ガラスの汚れを取るように拭いて、その後乾いた新聞で乾拭きします。

じゃがいもの皮でシンク磨き

じゃがいもの皮でシンク磨き

ジャガイモの皮に含まれているサポニンは、市販の洗剤に入っている界面活性剤と似た作用があり、汚れを浮かしやすくする力をもっています。
シンクや蛇口などをじゃがいもの皮で磨き、水で洗い流せばピカピカになります。
鏡やガラスのコップのくもりもきれいに取れますよ。

新聞紙で掃き掃除

新聞紙で掃き掃除

ホコリのひどい場所には、湿らせた新聞紙をちぎってまいてからほうきで掃きます。
そうすると、ただ掃いただけでは舞い上がってしまうホコリまで、新聞紙がきれいに集めとってくれます。

飲み残したビールでガスコンロもすっきり

飲み残したビールでガスコンロもすっきり

コンロやゴトクは、飲み残しのビールや発泡酒を含ませた布で拭くとスッキリします。
ビールに含まれるアルコールが油汚れを分解してくれます。ビール独特の臭いも心配後無用!
10分もすれば消えてしまいます。

1 / 2 / 3 / 4

住まいのプロ検索

出展者の声

おすすめサイト

このウェブサイトについて

ページの先頭へ