教えて!コンクリートのこと

教えて!コンクリートのこと

コンクリートは変身名人!?

前述した原料の他にも、コンクリートの材料には要らなくなった廃材も利用されていることを皆さんはご存知ですか。
例えば、工場から出る灰など、そのままではゴミになってしまうものを、大切な資源として有効活用する場合もあります。
また、要らなくなったコンクリートを細かくくだいて、再びコンクリートの材料として使ったり、古いコンクリートを舗装道路の下に敷く材料にもしているのです。
コンクリートは、いろいろな資源を有効に活用して作られているんですね。

11月15日は『生コン記念日』

今では当たり前に使われているコンクリートですが、日本で初めて生コンクリートが出荷されたのは、昭和24年11月15日「東京コンクリート工業(株)業平橋工場(現在、工場があった場所は東京スカイツリーが建てられています)」から、地下鉄銀座線三越前駅補修工事への出荷だと言われています。
それ以降、高度経済成長の中、その経済性と品質への信頼性から急速に発展を遂げてきました。
生コンクリートは、半製品という特殊な商品で、品質の安定こそが最大の商品価値です。そのため、コンクリートと一言で言っても、品質管理とそれを維持する品質管理体制がとても重要です。

コンクリートも健康診断が必要です

コンクリート診断士

長持ちするコンクリートを作るために、「コンクリート技士」や「コンクリート主任技士」と呼ばれる人たちが活躍しています。
コンクリート技士は、社団法人日本コンクリート工学会が実施する試験に合格した、コンクリートの製造や施工に携わる技術者。コンクリートの製造、施工、検査および管理など、日常の技術的業務に直接携わります。
また、コンクリート主任技士は、コンクリートの製造、工事および研究における計画、施工、管理、指導などを実施製造や研究に関わる計画・管理などの業務に携わっています。

しっかり作ったコンクリートなら、100年以上はもつと言われています。丈夫で強いコンクリートですが、時間が経つと、温度変化、二酸化炭素、繰返し荷重など様々なことが要因となり、劣化することもあります。
コンクリートに悪いところがないかを調べるために「コンクリート診断士」と呼ばれる人がいます。「コンクリート診断士」は、社団法人日本コンクリート工学協会が認定する資格です。平成13年から始まった資格制度で、同協会が実施する試験によって、コンクリートの診断・維持管理に関する幅広い知識や高い技術を持っていると認定され、登録された人に与えられます。
「コンクリート診断士」は、既存のコンクリートを対象として、その劣化の程度を診断し、維持管理の提案を行います。『コンクリートのお医者さん』と言ってもいいでしょう。

私たちの身の回りにたくさん存在しているコンクリート。生活や住まいには欠かせない存在ですよね。 住まいのプロの中には、優れた品質のコンクリートを安全に使えるようにしてくれる「縁の下の力持ち」がたくさんいます。
当たり前のように存在しているものを、こうして詳しく知ってみると、関わっている人たちへの感謝の思いが増しますね!

山梨生コンクリート協同組合ホームページ
http://www.y-namacon.jp 新しいウィンドウで表示

日本コンクリート工学会ホームページ
http://www.jci-net.or.jp/ 新しいウィンドウで表示

社団法人セメント協会ホームページ
http://www.jcassoc.or.jp/ 新しいウィンドウで表示

情報提供:山梨生コンクリート協同組合・日本コンクリート工学会・社団法人セメント協会

1 / 2 / 3

住まいのプロ検索

出展者の声

おすすめサイト

このウェブサイトについて

ページの先頭へ