断熱材の役割や特徴を知ろう!

断熱材の役割や特徴を知ろう!

断熱材の種類

断熱材は大きく分けて無機繊維系、発泡プラスチック系、天然素材系の3つに分けられます。ここでは、その一部とその特徴をご紹介します。(※下記の他にもいろいろなものがあります。)

無機繊維系断熱材

グラスウール

グラスウール

ガラスを細い繊維にして綿状に加工した断熱材です。床・壁・天井と住宅のほとんどの部位に使用できます。厚さや密度が高くなるほど、断熱性能に優れ、軽くて使いやすい断熱材です。
価格も比較的安価で、防音性や耐久性にも優れています。

ロックウール

ロックウール

耐熱性に優れた鉱物を高温で溶かしてごく細い繊維状にした断熱材です。床・壁・天井と住宅のほとんどの部位に使用できます。
グラスウールより若干高めですが、比較的安価で撥水性、耐熱性があり防音性能にも優れています。

発砲プラスチック系断熱材

ビーズ法ポリスチレンフォーム

ビーズ法ポリスチレンフォーム

一つ一つの粒の中に独立した気泡構造を持ったボード状の断熱建材です。水や湿気に強いのが特徴で、軽くて加工性、施工性に優れています。

押出泡ポリスチレンフォーム

押出泡ポリスチレンフォーム

断熱材を建物の外側に張りつける外断熱工法に適したボード状の断熱建材です。断熱性に優れているため、薄くても断熱効果が高く、施工後の重量も軽くすることができます。

硬質ウレタンフォーム

硬質ウレタンフォーム

微細な独立気泡で形成された断熱建材です。気泡には、熱伝導率が極めて小さいガス(空気の1/3)が含まれていますので、とくに断熱性能に優れています。ボード状に加工された製品のほかに、施工現場で直接吹き付けて使用する現場発泡品があります。

フェノールフォーム

フェノールフォーム

独立気泡構造を持つボード状の断熱建材です。素材の安定性が高く、長期間にわたって優れた断熱性能を発揮します。特に防火性に優れ、炎があたっても炭化するだけで、煙や有毒ガスはほとんど発生しません。

天然素材系

セルロースファイバー

セルロースファイバー

天然の木質繊維を利用したバラ状断熱材です。繊維の中にある気泡に含まれる空気が優れた断熱性、防音性を発揮します。木質繊維で、素材そのものに湿気を吸収したり放出したりする機能がありますので、断熱材の内部結露を防止し、快適な住環境をつくります。

炭化発泡コルク

炭化発泡コルク

コルク樫の皮を粉砕し、炭化発泡させてつくられます。腐りにくく、遮音・防振性能もあります。保湿・吸放湿性に優れているため、防湿シートがなくても結露を防ぐことができます。

羊毛断熱材

羊毛断熱材

羊毛断熱材というのは、家がウールの服を着た感じになります。ウールは調湿効果がバツグンで、壁内結露を防ぎカビ・ダニの発生を防いでくれます。さらに天然素材ですので有害物質は発生せず家にも環境にも優しいエコロジー建材です。今まで断熱材が入らなかった小さいすき間にも入れることができるので高い断熱性があります。

このように、一言で「断熱材」と言っても、その工法や種類はさまざまで、それによりコストも異なります。目に見えない快適さをつくり、健康に暮らしていくために欠かせない部材であり、大切な家の寿命にも大きく関わってくるので、その土地をよく知る住まいのプロとよく話し合って、より良い家づくりをしていきましょう。

情報提供:山梨県中小建設業協同組合・(社)山梨県建築士会・山梨県塗装工業会・
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社

1 / 2 / 3

住まいのプロ検索

出展者の声

おすすめサイト

このウェブサイトについて

ページの先頭へ