断熱材の役割や特徴を知ろう!

断熱材の役割や特徴を知ろう!

断熱材の役割と効果

断熱材とは、外気温の影響を和らげ、屋内の温度を一定に保つ材料です。断熱材自体に建物をあたためたり、冷やす機能はありませんが、冷暖房器具の少ないエネルギー消費で、家を快適にし、健康に維持するよう次のような機能を担っています。

冬を快適にする

外の寒さから家を守り室内の熱が外に逃げないようにします。
洗面所や廊下、他の部屋へ移動しても温度が変わらないことは、快適な家の要素のひとつです。断熱材はその役割を手助けします。

夏を快適にする

寒い地域に必要とするイメージがありますが、実際は夏の暑さ・熱気も遮断してくれる優れた性質を持っています。
また、部屋の温度を一定に保ち、冷房の電源を切った後も、涼しさが長続きします。

健康につながる

屋内の温湿度を均一にすることは、 結露やカビ、ダニなどのハウスダストの発生を抑えます。 また、急激な温度の変化によるヒートショックを防ぎ、安心・快適な住まいを実現することができます。

省エネにつながる

家の断熱性と併せて、家の気密性も高いと隙間風が少なくなり、冷暖房のエネルギー消費量が少なくなるなど、省エネを実現することができます。

大切な家を守る

断熱材は結露を予防し、家の耐久性を大きく向上させます。 住宅の寿命を左右する材料と言っても過言ではありません。 快適さだけではなく、家の寿命に関わります。

音にも効果が

断熱材の種類によっては、音を吸収することもできます。また、併せて気密性を高めることで外からの音を遮断できる場合もあります。

外断熱と内断熱の違い

断熱材と言えば、むかしは内断熱が常識でしたが、近年は、外断熱という方法が注目を浴びています。そして今では、外断熱でも内断熱でも、好きな方法で断熱できるようになりました。外断熱と内断熱、それぞれの特徴を見てみましょう。

外断熱

外断熱は、建物の周りを断熱材ですっぽり覆う工法です。
柱の外側に断熱材を貼り付け、その上に外壁材を張ります。外の熱から守りますので、建築材の老化を防ぎます。外断熱は気密性に優れており、外の熱が遮断されますので、結露が発生しにくい工法です。冷暖房も少しのエネルギーで夏は涼しく、冬は温かく、室内温度を保つことができるため、快適で省エネ効果がありますが、コストは高くなります。

外断熱

内断熱

内断熱は、断熱材を柱と柱の間に埋め込む方法です。充填断熱とも呼ばれており、一般的に多く使われている断熱工法です。
内断熱は、室内のあたたかい空気や冷たい空気が外に流れ出るのを遮断します。寒い冬の季節は、外気と室内の温度差が大きくなると、壁の中に結露が発生しやすくなりますが、ほとんどの種類の断熱材を使用でき、外断熱に比べるとコストが安くて済みます。

内断熱

外断熱と内断熱は、それぞれメリット・デメリットがありますので、よく調べて、その土地の気候などをよく知る専門家に相談してから、どちらの工法にするのか決めると良いですね。

1 / 2 / 3

出展者の声

住まいのプロ検索

このウェブサイトについて

ページの先頭へ