断熱材の役割や特徴を知ろう!

断熱材の役割や特徴を知ろう!

断熱とは、熱が伝導や対流、放射によって内から外へ、外から内へ伝わるのを防ぐことで、それを実現するのが「断熱材」と呼ばれるものです。
断熱材は、冷房・暖房のエネルギー効率を高めるために建物で使用されるだけではなく、熱伝導を遅くするのが重要なストーブ・冷蔵庫・冷凍庫・湯沸かし器等の器具の筐体部分などにも多く使用されています。

住まいの断熱の目的って?

そもそも断熱の目的はなんでしょう。一般的には、エネルギー効率を上げて、冷暖房を効きやすくすることが最大の目的ではないでしょうか。
近年では、高気密・高断熱住宅が広まっています。しかしながら、寒い北海道の気候に合わせた高断熱住宅を、日本中どこででも採用するというのはおかしな話ですよね。寒さに強い家と、暑さに強い家は同じではありませんので、効率よく断熱するには、その土地に合った断熱方法を考えなければいけません。

断熱と言っても、寒い場所であれば、寒さから身を守るため、効率よく暖房を効かせることが重要です。一方暑い地域であれば、冷房効率を上げるために外気の影響を極力少なくすることが望ましと言えます。
高断熱を追求するためには、隙間からの温度変化を防ぐ必要があります。エネルギーのロスをいかに少なくするかが重要になってきますので、高断熱で開口部のない家が最も理想的です。高気密・高断熱を実現するためには隙間がない住宅が望ましくなってきますが、快適と感じる住まいは人によって違います。窓の小さい、エネルギーロスの少ない環境を好む人もいれば、多少効率が落ちても、開放的な住宅を望む人もいるでしょう。あくまでも断熱の目的は、私たちが快適に暮らすことですので、その土地の気候をよく知る専門家に相談することも大切です。

1 / 2 / 3

出展者の声

住まいのプロ検索

このウェブサイトについて

ページの先頭へ