夏本番!簡単省エネ暑さ対策のススメ

夏本番!簡単省エネ暑さ対策のススメ

日本古来の風習に学ぼう

このように、ウインドウトリートメントによる日差し対策の他に、窓ガラス自体を遮熱タイプにしたり、窓の上に庇を設けたりと複合的な対策を取るとより効果が期待できます。
一方、「暑いからエアコンをつける」ではなく、日本古来の「五感で涼を取る方法」も大切にしてきたいものです。

打ち水

打ち水は道路や庭に水をまいて、蒸発する際の気化熱で周りの温度を下げるという、日本古来から伝わる暮らしの知恵です。
打ち水をすることによって、マイナス2℃ほどの効果があると言われています。最も適した時間は「朝と夕方」。日中は気温が高く、水がすぐに蒸発してしまうため十分な気化熱が得られません。また、逆に蒸し暑くなり逆効果になってしまう恐れもあります。

風鈴

風鈴の音には「1/fゆらぎ」という音が含まれており、脳内にα波が発生してリラックス効果が高いそうです。

水うちわ

最近見直されている水うちわは、雁皮紙(がんぴし)という薄い紙を使い、専用のニスを塗って透明感が出るように仕上げてあります。一度水につけてから扇ぐことで気化熱を利用して涼むため、水うちわと呼ばれているそうです。まさにエコ!ですね。

ござを利用する

床と足の裏の間では、熱が伝わっています。足下に籐(とう)の敷物やござなどを敷くことで、ひんやりとした感触と懐かしい臭いが涼を運んでくれます。また、寝具の上にい草や竹皮などの寝ござを敷くと、ほてった身体を心地よく受け止めてくれて快眠につながります。

今回はこれからやってくる夏に備えて、日差しを遮蔽する効果について注目してみました。
冷暖房に頼らず夏を快適に過ごし、省エネに貢献できるように、楽しみながら工夫していきたいものです。

情報提供:山梨県サッシ販売工業協同組合・山梨県室内装飾事業協同組合

1 / 2 / 3

住まいのプロ検索

出展者の声

おすすめサイト

このウェブサイトについて

ページの先頭へ