夏本番!簡単省エネ暑さ対策のススメ

夏本番!簡単省エネ暑さ対策のススメ

窓にも工夫を!

前ページでは、ご家庭で簡単にできる日除け対策を紹介しましたが、そもそもの熱の進入口である「窓」に工夫をするとしたら、どのような方法があるのでしょうか。
ここで注目したいのが、「複層ガラス」です。
複層ガラスは、スペーサーと呼ばれる金属部材で、2枚のガラスの間に中空層を持たせたガラスで、この中空層のおかげで断熱効果が高まります。住まいの快適さを損う熱の移動による様々な問題を軽減することができます。

複層ガラスのメリット

☆夏は涼しさを保ち、冬は室内の暖かさを逃さない!冷暖房効果を高めて、節電・省エネにつながります。
☆防犯・防火・防音性能を発揮します。
☆不快な結露を軽減します。
☆紫外線をカットします。

さらに、ガラスをより遮熱性能の高いLow-Eガラス(遮熱複層ガラス)などに切り替えることで、一層高い遮熱効果を得ることができます。
Low-Eガラスは、複層ガラス間に特殊金属膜をコーティングしたガラスのことです。太陽の熱線をカットしたり、室内の熱が逃げないように反射させたりと、優れた断熱性能と遮熱性能で、暑い夏も寒い冬も部屋を快適に保ってくれます。

複層ガラスは冷暖房効率が良いので、少ない電力で快適に過ごすことができ節電につながります。さらに、遮光カーテンなどと組み合わせることで、より大きな節約効果が期待できますね。
一口に複層ガラスと言ってもいろいろなものがありますので、住まいのプロに相談して適切なものを選んでみてください。

1 / 2 / 3

住まいのプロ検索

出展者の声

おすすめサイト

このウェブサイトについて

ページの先頭へ