電気料金を見直して、電気を上手に活用しよう。

電気料金を見直して、電気を上手に活用しよう。

家庭における省エネのポイント

日本は世界でもトップクラスの省エネ技術を誇っていて、様々な省エネ性に優れた電気製品が商品化されています。
省エネ製品を上手に使うことで、便利さはそのままに、エコな暮らしを実現することが可能です。

家庭で使用されている電気製品の消費電力量の比率を見てみると、エアコン・冷蔵庫・照明・テレビで半分以上を占めています。 家庭で使用する電気製品は多種多様ですが、比率の大きい電気製品を知り、上手に使っていくことが大切です。

出典:資源エネルギー庁推計
当該画像以外のデータ転用はお断りいたします。また、データの改変・編集は固くお断りいたします。

消費電力量の多い家電

・エアコン ・冷蔵庫 ・照明 ・テレビ ・暖房器具 など

消費電力量の少ない家電

・デジタルビデオカメラ ・ノートパソコン ・扇風機 ・インクジェットプリンタ など

以上のように、長時間使用する家電や熱を発する家電は消費電力量が比較的多いと言えます。
(ただし、製品の種類や大きさ、また使用環境などにより消費電力は大きく異なる場合があります)
また、立ち上がり時などは瞬間的に多くの電力を消費するものもあります。
消費電力の大きい電気製品を同時にいくつも使用しないように心がけたり、使用する時間帯をずらしたりすることで、電気料金を抑えることができ、節電対策にもつながります。最近では、エコポイント対象の省エネ家電も多く出ているので、ニーズやライフスタイルに合わせて選択し、上手に使いましょう!

山梨県電気工事工業組合ホームページ
http://www.sandenko.jp/ 新しいウィンドウで表示

情報提供:東京電力株式会社・山梨県電気工事工業組合

1 / 2 / 3

住まいのプロ検索

出展者の声

おすすめサイト

このウェブサイトについて

ページの先頭へ