万一の大地震に備え、耐震診断・耐震改修をしよう。

万一の大地震に備え、耐震診断・耐震改修をしよう。

まずは、自宅を自分で耐震診断してみましょう!

前のページで、昭和56年5月以前に着工された木造住宅についての危険性を記しましたが、 自分でチェックすることができる「誰でもできるわが家の耐震診断」プログラム(※国土交通省監修、財団法人日本建築防災協会編集)をご存知でしょうか。

万一の地震時に安全を確保するためには、ご自宅の耐震性能を知ることが大切です。
まずは、ご自宅の地震に対する強さをチェックしてみてください。
この耐震診断では住宅のどのようなところに地震に対する強さ、弱さのポイントがあるかなどが分かります。

インターネットでチェック
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/wagayare/taisin_flash.html 新しいウィンドウで表示

リーフレットを入手してチェック
「誰でもできるわが家の耐震診断」(1.92 MB)


注)診断内容については、国土交通省監修、財団法人日本建築防災協会編集となっており、評価の独自の増減、文章表現の変更など配布される方の任意な改変は堅く禁止されております。

耐震改修の実例を映像でご覧いただけます。こちらを(クリック 新しいウィンドウで表示)してください。

耐震改修工事費ってどれくらいかかるの?

では、耐震診断を行った結果、耐震改修工事が必要になった場合にどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
耐震改修工事費は、お住まいの住宅の状態などにより異なりますが、一般に100万円~300万円くらいまでが多いようです。中でも、全体の半数以上の工事が約190万円以下で行われています。(出典:木造住宅における耐震改修費用の実態調査業務((財)日本建築防災協会)より)

「木造住宅の耐震改修の費用 -耐震改修ってどのくらいかかるの-」 は、住宅の耐震性に関心がある方に、耐震改修工事にかかる大まかな金額を把握してもらうための資料です。
良い見積書の例や、部位ごとの工事費などを参考にして、業者からもらった見積書の内容もチェックしてみてください。


ご自宅の状態をしっかり知っておくことが大切です!

1 / 2 / 3

住まいのプロ検索

出展者の声

おすすめサイト

このウェブサイトについて

ページの先頭へ