住宅用火災警報器を設置しよう!

住宅用火災警報器を設置しよう!

なぜ住宅用火災警報器の設置が必要なの?

火災が発生したとき、煙や炎を見たり、焦げ臭いにおいを感じたり、パチパチという音を聞いたり・・・と五感によって気付くことがほとんどです。しかし、それだけでは、就寝中や仕切られた部屋で物事に集中している時などには、火災に気付くのが遅れてしまいます。

実際に、住宅火災による死傷者はここ数年急激に増加しており、建築火災に占める住宅火災の死者数は約9割、そのうち約6割が65歳以上の高齢者で、死に至った原因の約6割が「逃げ遅れ」によるものなのです。

住宅火災による死者 約9割/逃げ遅れ 約6割

※総務省消防庁ホームページ:住宅用火災警報器読本より抜粋

また、火災の発生時間帯と死者の関連でみると、火災自体は人が起きている時間帯が多い一方で、火災による死者数は、平均で約3倍、最大で約6倍も就寝時間帯の方が多いことが分かっています。

住宅用火災警報器を設置することにより、一早く火災の発生を知り、避難することができるようになります。
消防庁の報告によれば、実際に火災警報器が設置されている場合は、設置されていない場合に比べ、被害状況が概ね半減した結果となっています。
「まさか!」の家事。住宅用火災警報器で助かる命があるのです。

日本と米国の火災による死亡者の推移/火災警報器の有無による死亡者数の比較

※総務省消防庁ホームページ:住宅用火災警報器読本より抜粋

火災警報器のお手柄事例はこちら→
http://www.kaho.or.jp/text/user/awm01_p02.html 新しいウィンドウで表示
「我が家の守護神住宅用火災警報器お手柄事例集」(8.76 MB)

1 / 2 / 3 / 4

住まいのプロ検索

出展者の声

おすすめサイト

このウェブサイトについて

ページの先頭へ