おしえて構造のこと!

おしえて構造のこと!

木造の特徴は?

 住宅の構造の中で一番身近なのが「木造」ですね。木造とはその名の通り、住宅の骨組みを木で作ったものです。木造は木を使いますので、他の構造に比べて軽いのが大きな特徴です。骨組み自体が軽いですから住まい全体の重量も軽くなり、住まいを支える基礎も他の構造より小さく出来ます。さらに、軽量に出来る分だけ地盤への負担が低減出来ますので、比較的弱い地盤でも建設が可能です。そのため、他の構造に比べてコストが安くなるんですね。
 さらに、木造は加工が容易ですので将来の増改築にも比較的容易に対応出来ますよ。何より、木の持つ肌触りや素材感は美しいですよね。その木を、古民家や和風住宅に見られる様に現して愛でる事が出来るのも、大きな利点ですね。
 ただし良い面ばかりではありませんよ。木ですので燃えやすいので防火対策は欠かせません。また、自然素材ですから腐りやすくシロアリの被害も受けてしまいますので、防腐・防蟻・防湿処置が必要です。柱や梁の配置も長く取れませんから、大空間を作るのも苦手なんですね。
 さて、良い点・悪い点のある木造ですが、建て方によっても特徴が異なりますので注意が必要ですよ。というのも、木造には二つの建て方があるからなんです。

軸組工法

 建て方の一つが「軸組工法」です。この工法は、古民家や社寺仏閣で見られる様な伝統的な日本建築の建て方で、柱や梁・筋違いといった様に木材を垂直や水平等に継手で組み合わせる事によって住まいの基本的骨組みを作ります。この工法の特徴なんですが、柱の位置を自由に決められますので間取りの自由度が高く、増改築にも対応しやすいということが上げられますよ。

2x4工法(枠組壁工法)

 2x4インチや2x6インチの木材で枠を造り、それに合板を打ち付けた木製パネルで基本的構造を造るのが、2x4(ツーバイフォー)工法です。別名「枠組壁工法」とも言いますが、木製パネルで箱を造る様に構造体を組上げて行きます。特徴としては、軸組工法の様に複雑な継手を使わず釘を打って接合しますので、施工がしやすく工期を短くする事が出来ますね。

最後に

 ということで。ごく簡単にすまいの代表的な構造を解説してみましたが、いかがでしたか?各構造共、さらなる分類が出来たり利点や欠点があるのですが、詳しくは私たち専門家にお問い合わせいただき、十分検討した上で、マイホームを考えてみてくださいね。それではまた。

原稿作成:(社)山梨県建築士会 河野建築設計事務所 河野広

1 / 2 / 3 / 4

住まいのプロ検索

出展者の声

おすすめサイト

このウェブサイトについて

ページの先頭へ